暮らしに寄り添う理想のキッチンづくりのために。アンケート調査と訪問調査、さらには、「行動観察(モニタリング)」を実施しました。

  • アンケート調査・訪問調査
  • 行動観察(モニタリング)

アンケート調査・訪問調査

使い手が感じた不満を抽出。作り手が気づいた対策を具現化。

気づき1 「機能面」でいくつかの改善点が明確に。

普段お使いのキッチンの満足度は高い。 しかし、中には不満の声も・・・

ストレスを感じないキッチン設備の充実が課題。

気づき2 「機能面」でいくつかの改善点が明確に。

吊戸棚

「開放感がなくなるので無い方が良かった」「収納が足らずあったほうが良かった」など、入居してから不満に気づくことが多い。

キッチンカウンター・立ち上がり

立ち上がり無しを選んだ方で、「入居後、水ハネが気になった」「立ち上がりがあるタイプにすれば良かった」という意見も。

自分のライフスタイルに合わせやすいセレクトの充実が課題。

一方、このような結果もありました。

使い手によって割れる「作業スペース」と「収納」の評価

作業スペース

収納

使い方に問題があるのか?それとも他に問題があるのか?

そこで・・・

  • ※行動観察(モニタリング)実施時期:2015年6月 社内ワークショップ実施時期:2015年7月
  • ※モット・キッチン使用宅において撮影された物品等について、本商品は一切関係ありません。