50余年のノウハウは、次代へ積み重なる 50余年のノウハウは、次代へ積み重なる

私たち伊藤忠都市開発は、住まいづくりにおける歴史の集大成ともいえる
「マンション建設基準」に基づき、建物の計画・設計・施工の各段階において
しっかりとチェックを重ね、品質を管理しています。
できあがってからではお見せできない建物の躯体・下地・納まりは、 特に時間をかけてチェック。
クレヴィアはたくさんの想いと緻密な作業でできています。

信頼の品質を生む、2つのマニュアル 信頼の品質を生む、2つのマニュアル

クレヴィアには、建物を建てるための技術的な基準を定めた2つのマニュアルがあります。
標準的な仕様を規定する「クレヴィア標準仕様書」と、
建物の計画・設計、監理・施工段階における留意事項を示す「マンション建設基準」。
これらに基づき、設計・施工を進めていきます。

クレヴィア標準仕様書

クレヴィア標準仕様書
伊藤忠の住まいづくり50年の永い経験と実績から得た、快適な住まいを提供するために定めたもの。耐震性や建物の劣化を防ぐ耐久性、室内の静けさを確保する遮音性などを検査し、その結果を数値で示した「住宅性能表示制度」に基づく仕様に、永い経験と実績、時代の傾向に即した規格を付加したものです。

マンション建設基準

マンション建設基準
住まいづくりで遵守されるべき基本的な性能、計画・設計事項及び施工に対する留意点を示したもの。ノウハウと最新の技術的基準を入れ込み、できるだけ具体的にクレヴィアの品質基準を明確にすることにより設計者と施工者の品質向上に関わる創造性を促します。また、住む人の満足度の高い性能や機能のレベルを保持した商品の提供を目的とし、永く安心して住めるようなメンテナンス性も配慮したマニュアルです。

独自の品質基準と3つのチェック体制 独自の品質基準と3つのチェック体制

伊藤忠都市開発が、設計図に基づき、施工図等の工事用図書を監理者、施工者と共にしっかりと確認した後、
事業主、施工 / 設計・監理会社、第三者評定機関の検査担当者が、各工事段階において決められた工程での検査を徹底実施。
厳格な基準による複数のチェック体制を設け、徹底した品質管理を行っています。

  • 事業主

    事業主検査

    企画、設計の図面の段階から建物竣工までの各段階で、建物をお使いになる立場に立って、総合的にクレヴィア品質を保つため、検査・検証を実施します。

  • 施工 / 設計・監理会社

    施工者検査

    施工図のチェックや現場で設計図書通りに施工が進んでいるかなどについて、検査を実施します。

    設計・監理検査

    施工者の行った工事が設計図書通りに進んでいるのか検査を行い、是正が正しく実施されているかについて確認します。

  • 第三者評定機関

    確認検査機関・住宅性能評価

    法令に基づいて、行政または指定検査機関による検査が実施されます。

品質管理体制の工程 工事・検査の行程 品質管理体制の工程 工事・検査の行程

STEP1 準備工事・山留工事杭工事・土工事 STEP1 準備工事・山留工事杭工事・土工事

敷地境界・建物位置確認や敷地の地盤・建物の支持層の深さを特定するための地盤調査など、
本格的な工事に取り掛かる前の準備を行い、山留工事・杭工事に進みます。
その中で杭工事の管理を実施。見えないところもしっかり管理しています。

試験杭工事に関する確認検査

  • 設計・監理者検査
  • 施工者検査
  • 事業主検査
  • 杭芯位置確認

    杭芯位置確認

    杭を打つ位置が設計図書通りになっていることを確認します。

  • 支持層確認

    支持層確認

    最初の杭打ち時は掘削土を採取し、地盤調査時のデータ通りか照合します。以降の杭は日々写真等を関係者に送付し、支持層の到達や、適切な施工が行われているかを確認します。

  • 杭材確認

    杭材確認

    杭長・径・厚さ・材質などと共に、ひび割れなどがないかを確認します。

STEP2 基礎躯体工事躯体工事 STEP2 基礎躯体工事躯体工事

建物の本体部分を作っていく重要な工事で、工期の約7割以上を占めます。
途中に第三者評定機関による関連法令に基づく検査や、配筋検査が入ります。
工事が終わると、※躯体検査が行われ、終了したフロアから設備・仕上工事が実施されます。 ※一部物件を除く。

関係法令に基づく検査

  • 第三者評定機関
  • 建築確認検査

    建築確認検査

    建築基準法や関係規定に基づき、建築物が安全な基準を満たしているかを行政または指定確認検査機関が確認します。

  • 建築住宅性能評価検査

    建築住宅性能評価検査

    「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づき、主に『構造の安定』『火災時の安全』などについて性能を満たしているか確認します。

  • 配筋検査

    配筋検査

    • 設計・監理者検査
    • 事業主検査

    設計・監理者は各階配筋検査を行い、事業主の品質管理担当者は抜き打ち的に複数回、設計・監理者とともに検査を行います。

  • 躯体検査

    躯体検査

    • 設計・監理者検査
    • 事業主検査

    躯体工事は柱や壁、床、梁などをつくっていく過程で、設備配管の貫通部補強や水まわりの床下配管スペースの確保など、さまざまな処理を同時に行いながら完成させていきます。その後、フロアごとに躯体の出来高、精度を確認する躯体検査を実施します。

STEP3 内装仕上工事 STEP3 内装仕上工事

間仕切りが組み上がったら壁・床・天井の下地を張っていきます。
クロスやフローリングを美しく仕上げるためには下地の精度と細部にこだわった仕上げが求められます。
また、この工事の最初の頃に、事業主中間検査、所轄の消防署の検査が入ります。

  • 事業主中間検査

    事業主中間検査

    • 事業主検査

    「マンション建設基準」を基に、完成時には見えなくなる(隠蔽)部分を中心に確認・検証・是正を行います。コンクリート躯体や断熱材、設備配管、壁・床下地の施工状況等が施工図通りに、品質基準以上で施工されているかを検査します。また、他の部屋も日々の巡視にて抜き打ち確認します。

  • 消防検査

    消防検査

    • 第三者評定機関

    各消防用設備(消火、警報、避難、使用材、 施工方法等)が、 消防法に則って設置されているか、 正常に作動するかなどの検査を管轄消防署から受けます。

STEP4 外部仕上工事 STEP4 外部仕上工事

屋上やバルコニーの防水工事、外壁の仕上げ工事には
躯体のコンクリートを雨水や腐食から守る大切な役割があります。

  • 事業主中間検査

    • 設計・監理者検査
    • 施工者検査
    • 事業主検査

    タイル引張検査

    タイルがしっかりと接着しているかを専用の接着強度測定器で抜き打ち及び適宜選択し、検査を実施します。

各種竣工検査

工事が終わり建物が完成となると、法令に基づいた完了検査や、
施工会社、設計・監理会社、事業主のそれぞれが竣工検査を行います。
最後までしっかりと検査を行い、お客様にご満足いただけるものをお引き渡しいたします。

  • 設計・監理者検査
  • 施工者検査
  • 事業主検査
  • 第三者評定機関
  • 建築確認完了検査
    都道府県や市区町村または指定確認検査機関の検査担当が現場に赴き、目視や寸法測定等によって、確認申請時に添付した設計図書通りに施工されたかについて検査します。
  • 住宅性能評価完了検査
    住宅に備わっているいる基本性能について、事業主が申請した性能表示項目のレベルに達しているのか検査を受けます。
  • 消防完了検査
    「消防法」に墓づく設備や避難経路などを所轄消防署が検査します。
  • 消防完了検査(消化設備)

    消防完了検査(消火設備)

  • 消防完了検査(住戸内設備)

    消防完了検査(住戸内設備)

  • サッシ取り付け状況確

    サッシ取り付け状況確

  • 建具取り付け状況確認

    建具取り付け状況確認

  • 杭材確認

    配管設備確認

クオリティコンセプトが実現する、上質な暮らし クオリティコンセプトが実現する、上質な暮らし

クレヴィアへの信頼と安心を、基準書で創り、人の眼で守る クレヴィアへの信頼と安心を、基準書で創り、人の眼で守る

  • 品質管理とは、具体的にどんなことですか?
    建物が完成し、壁紙やフローリングを貼ってきれいに仕上げたら、壁の中や床下はどうなっているのかお客様には見えません。ですから設計の段階から建物竣工に至るまでの間しっかりとチェックし、「クレヴィア」の基準に沿った快適性や安全性、耐久性といった品質を形にしていくのが我々品質管理課の責任であり、「クレヴィア」ブランドの信頼性に直結していると自負しています。
  • 「クレヴィア」の基準とは?
    現在「クレヴィア」の品質を管理するマニュアルは大きく分けると、標準的な仕様を規定する「クレヴィア標準仕様書」と、建物の計画・設計、施工段階における留意事項を示す「マンション建設基準」があります。この2つのマニュアルに関しては、5つのクオリティコンセプトを基に、時代が求めるもの、お客様のニーズに応えられるものを目指して改訂を続けています。

● お話を伺った人

伊藤忠都市開発株式会社
建築技術管理本部 品質管理課長

廣田正幸さん

● お話を伺った人

伊藤忠都市開発株式会社
建築技術管理本部 品質管理課長

廣田正幸さん