image photo

image photo

productplanning

住空間の新たな高みを志向する。

  • 天井高2.7m以上※1
  • ×
  • 2.2mのハイサッシ
  • ×
  • ワイドスパン

家で過ごす時間が多くなる中、
快適さを求める人が増えてきました。
「クレヴィア新御徒町」では、
コンパクトな間取りが多い都心エリアの中でも
“開放感”に着目。
2.7m以上の天井※1高や約2.2mのハイサッシ、
ワイドスパンを導入し、
同じ広さの住まいよりも、
開放的で自由に暮らしを
アレンジできる住まいを目指しました。

間取り立ち上げ概念図

間取り立ち上げ概念図

  • image photo

天井高約2.7mで※1
自分好みに住まいをアレンジ
「TEN-DAKA」。

概念図

同じ広さの住まいでも、天井が高いだけで部屋の開放感は大きく変わります。例えばリビングの壁面にお気に入りの作家の絵を飾ったり、高さのあるフロアライトを置いたりと、天井高があるからこそできる住まいの楽しみ方が広がります。

  • 天井高約2.4m(比較用)

  • 天井高約2.7m(本物件)

  • image photo

部屋全体に明かりが広がる
約2.2mのハイサッシ
「AKA-RI」。

概念図

バルコニーに面したすべての窓に約2.2mのハイサッシを導入。ハイサッシのメリットといえば、採光性に優れた南向きなどの住戸で部屋全体に太陽の光を取り込めることですが、陽射しが届きにくい部屋でも、明かりが広がりやすいという特性も持っています。

  • image photo

光が広がる面積をぐっと広げる
ワイドスパン
「YOKO-HIRO」。

概念図

大きな開口によって採光性が高まるワイドスパンは、リビング・ダイニングだけでなく、洋室もバルコニー側に配置できるのがポイント。縦型の住まいと比べて廊下を短くできるので、同じ広さでも居住スペースを広げることができます。

  • image photo

縦の空間を有効活用した
高効率収納
「TATE-BAKO」。

概念図

天井高約2.7※1mの利点は、開放感や採光性だけではありません。高さのある縦の空間を活かした高効率な収納も魅力のひとつ。本物件では、通常の住戸よりも高い造作収納「TATE-BAKO」を導入。帽子や季節の物といった使用頻度の低いものは上段にしまうとよさそうです。

都心の空とつながる
メゾネット空間
「TEN-KU」。

2層分の階高を活かしたメゾネットタイプは、
空間の広がりや大きな窓による採光性の向上など、マンションの領域を超えた開放感を味わうとこができます。
さらに、フロアが分かれていることによる使い分けや、便利な床下収納といった機能面も大きな魅力です。
※メゾネットタイプはC1、C2TYPEのみとなります。

Cタイプ完成予想CG

C2type

1LDK+SIC+床下収納
45.43㎡(約13.74坪)

  • バルコニー面積:5.00㎡

  • サービスバルコニー面積:1.28㎡

メゾネット間取り(C2タイプ)断面イラスト※2

  • 1 吹抜けの開放感は、メゾネットの大きな魅力。約5.9m天井高※3の恩恵は採光性だけでなく、マンションとは思えない伸びやかな空間の広がりを味わわせてくれます。
  • 2 フロアが分かれているため、プライベートと仕事で使い分けができたり、リビング・ダイニングと洋室でインテリアのテイストを変えたりなどの楽しみが広がります。
  • 3 メゾネットタイプには便利な床下収納を設置※4。使用頻度が低い防災備品やレジャーアイテム、扇風機に暖房器具などの季節家電の収納に役立ちます。

=床暖房範囲 =収納 =通風 =採光
SIC=シューズインクローク

pagetop pagetop
物件概要
現地・ギャラリー案内図
物件エントリー
来場予約