伊藤忠の住まい CREVIA

私のCREVIA−クレヴィア オーナーズボイス−

海を感じながら家族でゆったりと暮らすこと。
すべてに「程よい」距離であることが購入のポイントでした。

  • #004
  • 神奈川県横浜市在住 間取り:3LDK 家族構成:3人
お住まいとの出会い

ここに住む前は社宅に住んでいたのですが、娘が幼稚園に上がるのをきっかけに家族の拠点を構えたいという思いが強くなり住まい探しをはじめました。元々海が好きだったこともあり、海を近くに感じることができ、静かでのびのびと家族みんなで暮らせる環境が気に入りました。モデルルームの間取りの開放感がとても気に入り、「この間取りの部屋が欲しい!」という思いで当物件を購入しました。マンション全体で言えば、共用部分もお部屋も、セキュリティ体制がしっかりしているので、妻と子どもの時だけでも安心できます。

間取り:2LDK
面積:約55㎡

最上階&角住戸&屋上ルーフテラス!海を感じながら開放的な空間。
セキュリティも万全なので安心できます。

家は開放的な空間という思いがあったので、最上階・角住戸のお部屋を選びました。ルーフテラスは子どもの遊び場として活躍しています。洗濯物は他のバルコニーで、用途に合わせてバルコニーとルーフテラススを使い分けられる点はとても気に入っています。管理規約により実施はできませんが、バーベキューなどもできれば、より使いやすい空間なのになぁ…とは思っています。

一体空間としてリビングを広く使えるように、
隣り合う洋室を標準タイプの開き戸プランから、
引き戸プランに変更しました。

リビング・ダイニングに隣り合う洋室は引き戸プランを選びました。今は続き間として広いリビング空間として使っていますが、個室スペースとしても使えるユーティリティさが気に入っています。今は子どもが小さいので、育児スペースやおもちゃ置き場として利用していますが、小学校に上がったら子どもの勉強部屋にする予定。独立した子ども部屋でなく、家族の近くにいながら勉強を見ることができる空間にしたいです。

立地に合わせたカリフォルニアスタイルの住空間は、
DIY家具もある夫婦のこだわりが詰まっています!

空間コーディネートテーマは「カリフォルニア」。極力物を置かないようにして、シンプルでありながらカリフォルニア風のテイストの空間に仕上げています。リビングの一部に柱がありテレビの設置が難しかったですが、DIYで植木ブロックを使ったぴったりサイズのTV台を作成。DVDプレーヤー台にはスケートボードを使っています。また、なかでもキッチンはお気に入りの空間です。バックカウンターの背面タイルは自分でデザインを検討。飾り棚と共に知人に設置してもらいました。一日の中で過ごす時間が長いキッチンなので、自分の好きな空間にできて、とても満足しています。

取材を終えて

お部屋に上がらせていただいた瞬間、圧倒的な開放感にビックリしました。リビング横の洋室を引き戸プランに変更し、間取りに合わせたシンプルなコーディネートで、開放感を生む工夫がなされていました。リビングのソファーは圧迫感を減らすために元々あった足を外したとのこと。こんな開放的な住まいに帰ってくれば、日頃の疲れも一気に忘れてしまいそうです。この度はインタビューにご協力頂きありがとうございました。

樋澤 萌美 | 伊藤忠都市開発株式会社 都市住宅本部

実際にクレヴィアにお住まいの皆さまの声を聞くことで、普段は見えづらい潜在的なニーズを汲み取り、住まう方の実生活をイメージした、空間の隅々までにこだわった住空間を創っていきたいです。

(2017年4月時点の情報です)

このページの先頭へ